きもの安田屋の思い

母譲りのきものに袖を通すとき
その年頃(とき)の思いまでもが、伝わってくる・・・。
そんなお声をお聞きしました。
母娘が同じ年頃(とき)を分かちもつなんて、きものの魅力のひとつと申せましょう。

「幸せの近くに、想い出の近くにきものはいます」

こんな思いを大切に、きものの商いをしてまいりたいと思っております。

【きもの 安田屋】
きもの安田屋は、日光街道の初宿・江戸 千住宿(現在は、東京都足立区・北千住)にて 
明治25年より 親子4代 110余年にわたりきもの一筋にご贔屓をいただく きもの専門店でございます。
いまとむかしが程よくミックスされた下町情緒あふれる千住の町で、きもの専門店の名に恥じぬよう努めてまいりたいと思います。
きものに関することなら何なりとご相談いただければ有難いと存じます。

■ 会社案内 こちらでどうぞ

4級から3級,2級と4年間かけて、2009/12に きもの文化検定1級に夫婦揃って合格しました。
これからも、日々研鑽に努めてまいりたいと思います。



アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT